Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/02のツイートまとめ

tokyosato2010

敦賀原発、活断層かどうか「10日に結論」 規制委  :日本経済新聞 http://t.co/BGatlBdc
12-02 22:48

「無罪」ということ http://t.co/3TYz5z75
12-02 21:26

「無罪」ということ

日本の刑事司法では、有罪率は99%と言われています。私は、必ずしも刑事専門という訳ではなく、どちらかというとあまり積極的に扱ってこなかったため、恥ずかしながら、最近までこの数字は日本の検察実務の優秀さを示すものだと思っていました。

しかし、一昨年、独立して事務所を開業してからは、少しは刑事事件も扱っていこうと思い、年に数件は受任するよう努めているのですが、どうもそういうことでは無いのではないかと思うようになりました。
前田検事の証拠偽造事件の例をみるまでもなく、警察、検察による調書のねつ造は日常的に行われており、刑事司法の基本とさえ扱われているようにみえます。司法修習生の頃、検察教官にこの点を尋ねたところ、「調書が作文だとか批判があるが、オレに言わせれば、作文しないで証拠にできるか。(作文は)あたりまえだ。」という趣旨の返事でした。

このような検察実務を前提にした場合、99%というのは、非常に高すぎる有罪率ではないかと思われます。経験的に言っても、おかしいと思う調書や捜査資料が検察側の証拠として提出された場合、きちんと争えば、きちんと量刑に反映され、弁護の成果として返ってきます。そして、その究極のケースが「無罪」ではないでしょうか。そうだとすると、99%の有罪率は、杜撰な検察実務とそれを見て見ぬふりをしてきた弁護士と裁判官、つまり法曹三者の取り組み姿勢がもたらしたものといえるのではないか、というのが刑事事件を数件担当した時点での率直な感想です。

今回は、当ブログの記念すべき第1回の投稿でしたが、専門外の刑事事件について書いてみました。今後は、順次専門分野についても発信していきたいと思っていますので、宜しくお願いします。

Appendix

プロフィール

 弁護士 佐藤篤志

Author: 弁護士 佐藤篤志
私は、大学卒業後、サラリーマンを経てから、弁護士を目指して司法試験に挑戦しました。そのため、同期の法曹や他の弁護士よりはだいぶ遠回りしたと思います。
しかし、その代わりに得たものも少なくないはずですし、人とは違った経験を、依頼者の問題「解決」のために役立てていきたいと思っています。
このブログは、そのような弁護士業務を通じて感じた事や、社会の問題について考えた事を記していき、弁護士活動の記録になればと思っております。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。